ネットでのネームスタンプ購入の注意点

名前を付ける必要があるとき、量が少なければ手が気でも十分対応ができるでしょう。しかし、入園や入学では、一度に大量の名前つけがあり、配布した翌日には持ってくるという締め切りもあります。短時間できれいに名前をつけるために、ネームスタンプがあります。使い切ってしまえば終わるシールとは異なり、スタンプはインクを買い替えれば長期間使い続けることができます。名前というのは、変わらないものなので、納得できるものを使い続けることができます。一度作れば、壊れることもほとんどありません。押すだけで、面倒な名前つけの作業が短時間で終わるだけでなく、手で書くよりもきれいに名前をつけることができます。算数セットの細かなものなど、手では書き込めないサイズにも対応します。

ネームスタンプを購入する際の注意点

ネームスタンプを買う際には、いくつか気を付けなければいけない点があります。まず、スタンプを注文する形式です。店頭やFAXで注文する際には、専用の用紙が用意されていますが、ネットではフォームに従って入力する必要があります。ここで、間違って記入してしまうと、間違ったままの状態でスタンプが出来上がってしまいます。名前の入力には気を付けるようにしましょう。また、正しい字であったとしても、ひらがなのスタンプを作るのに、漢字で入力してしまうと、漢字のスタンプが出来上がります。仕上がりのことを考えて入力する必要があります。文字だけでなく、最近は文字の読めない入園児が分かりやすいように、イラストなどのマークのスタンプもあります。車などは人気で同じものを持っている可能性があるので、オリジナリティの高いものを探すと安心です。

他にもあるスタンプ作成の注意点

スタンプの文字入力が完璧でも、さらに注文には必要事項があります。スタンプのサイズや書体です。いくつかのサイズがまとまり、セットになったものも販売されています。ノートと鉛筆では使うサイズが異なります。初めの段階でよく使うサイズをまとめて買っておくと安心です。書体は、明朝体やゴシック体が人気です。使いやすいだけでなく、名前というのは人が見る物なので、分かりやすい字体にするといいでしょう。スタンプは、オーダーメイドの品なので、不良品以外の交換はできません。注文する際にはよく確認してからにしましょう。通常、注文してから商品が手元に届くまでには1週間ほどかかりますが、3月や4月は繁忙期のために通常よりも長い納期が必要な場合があります。時間に余裕を持って注文することも大切です。